Doorkeeper

Cloud Security Day 2024 企業のミライに繋ぐ、これからのAWSセキュリティ

2024-05-28(火)16:00 - 18:00 JST

Webセミナー(URLは主催企業からメールでお知らせします)

オンライン

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

詳細

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、「cscloud.co.jp」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

講演内容

企業の経済活動の中心がWeb上へと移行しクラウド化が加速している中で、今やクラウド活用は企業の成長に欠かせない「インフラ」になっています。

その一方で、急増するサイバー攻撃によりクラウド環境のセキュリティ対策の必要性がますます高まっています。

事業成長の拡大を図る中で、クラウドセキュリティ対策は多くの企業にとって避けては通れないどころか”最重要優先項目”となってきています。

そこで、本イベントでは、AWSに精通したメンバーによる「事業の成長に繋げるためのこれからのAWS セキュリティ」をテーマに語ります。

異なった企業規模・業種・事業フェーズにおいて、それぞれどのような優先順位・組織体制でセキュリティ強化に対応していったのか、

AWSをどのように活用したのか、直面した壁や課題をどう乗り越えていったのかなど実際の事例をもとに赤裸々にお伝えいたします。

企業のミライに繋がるこれからのセキュリティを築いていくためのエキスパートたちのベストプラクティスを大公開!

セキュリティ管理者、サービス・プロダクト開発を担当している方、IPOを目指している企業の方、AWSの構築や運用の担当している方などにお役に立てる情報が満載です。

ぜひこの機会にご参加ください!

開催概要

開催日 :2024年5月28日(火)

開催時間:16:00~18:00

開催場所:オンライン

参加費 :無料

プログラム

【Session1 16:00-16:35】

AWSのエキスパートが語る!AWSセキュリティ構築&運用における課題とベストプラクティス

AWSへの移行が進む中で、クラウド環境のセキュリティ対策がますます重要になっています。

多くの企業がこの複雑な課題に直面し、自社に合ったセキュリティ体制の構築が求められています。

本セッションでは、AWSに精通したエキスパートたちがパネルディスカッション形式で

企業が直面しがちな課題を例に挙げながら、これからの企業に求められるセキュリティ組織体制やマインドを含め

AWS環境でのセキュリティ強化を推進するためのベストプラクティスをご紹介します!

登壇者

Iret_廣山さん.jpg

廣山 豊 氏

アイレット株式会社

クラウドインテグレーション事業部 副事業部長兼 内部統制推進室 室長

AWS、Google Cloudなどのクラウド運用、運用自動化のための開発、セキュリティを管轄する。

また、内部統制として、各種監査対応やインシデントハンドリングも担っているため、運用やセキュリティ、開発など横断的で幅広い知識が強み。

AWS_寺嶋さん.jpg

寺嶋 朋子 氏

アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社

AWS プロフェッショナルサービス本部シニアセキュリティコンサルタント

様々な案件のシステム設計や開発に従事した後、セキュリティの面白さに魅せられセキュリティに転向。

2019年にAWSにJoinしてからは、セキュリティコンサルタントとして日々お客様のAWS環境のセキュリティの課題解決に携わる。

特に脅威検知や分析の分野が得意で、WAF、ログ分析、インシデントレスポンスを積極的に支援している。

クラメソ_菊池さん.jpg

菊池 修治 氏

クラスメソッド株式会社

AWS事業本部 本部長

SIerや自動車メーカーでのインフラエンジニアを経て、2016年にクラスメソッドへジョイン。

2019年にAWS APN Ambassador、2020〜2023年にはAPN ALL AWS Certifications Engineerに認定。

代表的な著書は「クラウドエンジニア養成読本」「みんなのAWS」「AWSの知識地図」(全て技術評論社)など。

CSC_桐山さん.jpg

桐山 隼人(モデレーター)

株式会社サイバーセキュリティクラウド

取締役 最高戦略責任者(CSO) 兼 最高情報セキュリティ責任者(CISO)

東京大学大学院新領域創成科学研究科修士課程修了、グロービス経営大学院経営学修士(MBA)修了。

日本アイ・ビー・エム株式会社ソフトウェア開発研究所にて開発職、株式会社シマンテックにて技術営業職を経て、

アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社にてセキュリティ事業統括を歴任。グロービス経営大学院客員准教授(現任)。

2024年株式会社サイバーセキュリティクラウド 取締役 最高戦略責任者(CSO) 兼 最高情報セキュリティ責任者(CISO)就任。

2018年 (ISC)2 Asia-Pacific Information Security Leadership Achievements 受賞、

RSA Conference 2017 Asia Pacific & Japan 登壇、(ISC)2 Security Congress APAC 2017 登壇、「すべてわかるセキュリティ大全2018(日経BPムック)」記事寄稿。

Project Management Professional(PMP)、公認情報システムセキュリティ専門家(CISSP)、公認情報システム監査人(CISA)、セキュリティ関連特許多数。

【Session2 16:45- 17:15】

IPO準備企業必見!ココナラから学ぶ上場前後でのセキュリティ改革プロセス

上場前は専任のセキュリティ担当が不在だった状況から、上場審査に対応するためにセキュリティ強化・体制構築を進めていったココナラ。

そこから専門のセキュリティ組織の立ち上げや、インシデントドリブンであった体制から少数精鋭ながらもプロアクテブな対応ができる組織体制に変革するに至るまでのプロセスの全容を語ります。

登壇者

ココナラ_川崎さん_300_300 (1).jpg

川崎 雄太 氏

株式会社ココナラ

システムプラットフォーム部 部長

Head of Information

電力会社でエンジニアのキャリアをスタート。

リクルートテクノロジーズ(現リクルート)でプロダクトインフラ組織のチームリーダーを経て、アドテク企業でプロダクトインフラ組織のグループマネージャーを歴任。

2020年にココナラへジョイン、現在はHead of Informationの役割で、日々活動中。

渡辺さん_サイバーセキュリティクラウド.png

渡辺 洋司(モデレーター)

株式会社サイバーセキュリティクラウド

代表取締役CTO

1975年生まれ。明治大学理工学部情報科学科を卒業。

大手IT企業の研究開発のコンサルティングを手掛ける企業において、クラウドシステム、リアルタイム分散処理・異常検知の研究開発に携わる。

2016年 当社に入社後、CTOや取締役を歴任。

2021年 代表取締役 CTOに就任。

【Session3 17:20- 17:45】

ENECHANGEが実現した管理者の工数負担を削減しながらもAWSセキュリティを強化した方法とは

運用環境をAWS一本化に目指す中、限られた人員の中でコストを下げながらセキュリティ対策の利便性を上げることを目標にしていたENECHANGE。

セキュリティ専任やノウハウが不足していた中でも社内セキュリティを強化し、管理者の負担を抑えながらAWS環境での運用が実現できたセキュリティ改革の事例をご紹介します。

登壇者

岩本さん_ENECHANGE.jpg

岩本 隆史 氏

ENECHANGE株式会社

VPoT

AWS Community Builder (Cloud Operations)。

前職はAWS Japan技術サポート。

社内外を問わず開発者体験の向上に取り組んでいます

【Session4 17:45 -18:00】

リソース不足でもAWSのセキュリティ強化&効率的な運用を実現!WafCharmとCloudFastenerのご紹介

AWS環境を利用し事業をする上でセキュリティの更なる強化の必要性が高まっているもののリソース不足などで思うように対応が進まないという企業も多いのではないでしょうか。

本セッションでは、Webアプリケーションへのサイバー攻撃を防御する「AWS WAF」を自動で運用できるツールとAWS全体のセキュリティを包括的に管理ができるソリューションをご紹介します。

登壇者

CSC_山本純さん.png

山本 純

株式会社サイバーセキュリティクラウド

営業部クラウドセキュリティセールスチーム リーダー

新卒で日系Sierへ入社し外資系企業の国内拠点におけるITインフラ

構築の提案営業に従事。その後外資ソフトウェア会社、外資パブリッククラウドベンダーを経て、サイバーセキュリティクラウドへ入社。

新規開拓営業および新規セキュリティサービスに対する立ち上げ業務を推進中

主催

株式会社サイバーセキュリティクラウド(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー

マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

※共催、協賛、協力、講演企業は将来的に追加、削除される可能性があります。

当日会場アクセスに関するお問合せ

mkt@cscloud.co.jp

セミナー事務局

マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方
・個人や個人事業主の方
・海外から参加される方
・日本に活動拠点が無い企業の方
・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにてご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。共催・協賛・協力・講演の各企業へは、主催企業を通して提供する場合があります。またプライバシーポリシーに定めがある場合は主催・共催・協賛・協力・講演の委託先にマジセミ株式会社から直接提供する場合があります。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業の各プライバシーポリシーに従って厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合や各社のプラバシーポリシーに特別な記載がある場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 マジセミ株式会社 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548

コミュニティについて

マジセミ×クラウドプラットフォーム(デジタルとの新たな出会いと体験)

マジセミ×クラウドプラットフォーム(デジタルとの新たな出会いと体験)

本コミュニティは、マジセミ株式会社がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の問題解決セミナーです。 また、「マジセミ」を通じてデジタル関連のプロダクトやサービスとの、新たな出会いと体験の場を創造することで、IT業界・製造業の発展と、エンジニアの活躍促進を実現することを目...

メンバーになる